求人の「契約社員」について確認をしておく

契約社員の法律上の明確な定義はありませんが、短時間労働者とされるパートと違い、正社員のようにフルタイムで働く場合が多いようです。

求人の「契約社員」について確認をしておく

求人の「契約社員」について確認をしておく

契約社員の法律上の明確な定義はありませんが、短時間労働者とされるパートと違い、正社員のようにフルタイムで働く場合が多いようです。しかし雇用期間を一定期間としているため、それが過ぎれば離職することになります。尤も契約を更新することもあり、契約内容の見直しのないまま何度も更新し続けている場合には、使用者も容易に雇止めができなくなります。尚、パートに比べて契約も実績やスキルに応じたものとなる場合が多くなる傾向にあります。

準社員や嘱託社員とも称されますが、嘱託社員は定年退職後に再雇用された労働者によく使われている名称です。契約社員という雇用形態は専門的な知識を持つ人を新規事業の準備や、プロジェクトなど期間限定で雇う場合、非正規雇用から契約社員を経て正社員へと登用する場合などでみられます。しかし一時的な雇用関係にとどまる契約社員は、企業側が雇用調整弁として使っていることもあり、身分的には正社員に比べ不安定なのは事実です。尤も一定の要件に達していれば雇用保険や健康保険、厚生年金にも加入できます。

正社員の募集だと思ったら、契約社員だったというケースもあるので、求人情報の雇用形態はよく確認すべきです。会社によっても契約社員の内容は異なるので、雇用更新に関することなど不明な点は事前に詳細を問い合わせておくべきです。